2013年05月01日

R1100RSクラッチ板、規格変更!?

当店に入庫しましたBMW R1100RS
IMG_3128.jpg

年式も平成5年式と結構経ってますので右から左には流せません。
しばらく乗ってみて悪い箇所なんかを全て出し切ってから、中古車として販売したいと思います。
購入いただいたからにはトラブル無く乗ってバイクライフを楽しんでいただきたいですからね。

とりあえず車検を取得し、うちの女将が試運転。
IMG_3210.jpg


IMG_3212.jpg


IMG_3215.jpg



問題点がいろいろ見つかりました。



中でも重要なのはクラッチのすべり。
まぁ、さっさと終わらせましょう。


早速バラします。
相変わらずBMWのクラッチ交換は惨めな姿になりますね(笑)
IMG_3225.jpg



さて、ばらしたクラッチ板と新しく届いたクラッチ板を見比べるとものすごく減ってます…



IMG_3230.jpg




「いや、こんなに減っていいの!?」
ってくらい減ってます。




古いクラッチディスク、3.18mm
IMG_3219.jpg


新品のクラッチディスク、5.93mm
IMG_3222.jpg


こんなに厚さ違っていいのかな〜!?と思いつつ組んでみる…

やっぱりクラッチ切れない(>_<)

「んーーー、クラッチの構造自体は単純だから間違えて組んでるってのは考えにくいんだけどな〜。」

と再度外してにらめっこ…


やっぱりクラッチ板が厚すぎるような気がする。

「品番間違えたかな!?」
と思いつつPCでいろいろ調べてると海外のサイトで
「97年式からクラッチ板が変わっててこっちに統一されている。それ以前のバイクのクラッチ板を交換する際にはプレッシャープレートごと変える必要がある」
との記事を発見。


もしそうなら納得がいく。クラッチディスクが厚くなった分、プレッシャープレートのスプリングの接触部の形状がその厚み分変更されてるんだろう。

ワタクシ、カズオ モリシタの英語力を駆使するに…

旧クラッチプレートは5.1mm、新クラッチプレートは6.0mm
らしい。

まぁ、あてにはならないが…

明日、もう少し調べてみます。

問題解決するまで作業場のど真ん中に鎮座
IMG_3228.jpg
こんなことなら、端っこでバラせば良かった(^_^;)
posted by Longride-bikes at 01:14| Comment(5) | 作業日記
この記事へのコメント
知人からR1100RSを譲り受けました。乗って見ると発進の時に半クラッチ状態でキシャキシャという感じの音がして、クラッチ板のスベリを感じます。発進した後は問題無いのですが、同じような症状でしたか?
Posted by R1100RS初心者 at 2014年04月20日 14:20
R1100RS初心者様

大変申し訳ございません!たった今コメントに気付いた次第です。
コメントが来ると、メールが来るはずなんですが…(←言い訳(汗))

さて、すでに解決されてるとは思いますが、お返事させていただきます。

通常クラッチ滑りはローギアよりもハイギア側になるほど顕著に現れます。

発進の際のみ音がする、とのことですが音を聞いてみないと何ともいえませんが、ABSの作動音のような気がします。
1100シリーズのABSは発進の際作動音がします。
音を文字で表すのは難しいですが「カッコーン」とか「カシャーン」のような音です。
これは正常な音ですので心配はいりません。

スベリを感じたとのことですが、上述のとおり、ローギアの発進時のみスベリが生じると言うのは考えにくいです。
文面のみで推測できるのは、1100モデルは乾式単板クラッチとなってます。
今まで乗られてたバイクが何かは存じ上げませんが、それが湿式多板でしたらその感覚の違いがあるのかもしれません。

一度、環境が許されるのであれば4から5速でワイドオープンされるとクラッチがホントに滑ってるかどうか判断できると思いますのでお試しください。

以上少ない文章のみからの当方の考えですので、的外れでした場合はご容赦願います。
Posted by longride-bikes at 2014年07月23日 01:37
はじめまして。
興味深く拝見しております。
私は97年式1100Rを使ってます。
クラッチ交換は3回目になるのですが、交換作業の際、リア周りを丸ごと外しておられますが、その際注意する点などありましたらアドバイス頂けたら幸いです。
現在走行は53万8千qです。
Posted by 白坂 at 2014年11月12日 17:36
白坂様

大変申し訳ございません(汗
お返事が出来ておりませんでした。

53万Kmとは素晴らしいですね!!

さて、クラッチ交換も3回目とのことですが、ご自身で作業されてるんでしょうかね!?これまた素晴らしいことです!

3回もされておられるならば慣れてらっしゃるでしょうから、私なんかがアドバイスなんて恐れ多いですよ。
ただ、自分でやっててあれですけど、丸ごと外すやり方はオススメしません(^_^;)
組み込みの際、真っ直ぐさせるように保持が不可欠です。

これからも1100Rと楽しいバイクライフをエンジョイしてくださいね♪
Posted by longride-bikes at 2014年12月10日 02:31
ご返事ありがとうございます。
やはり丸ごとはやめたほうが良いのですね。
普通に順番に外しました。
今回はクランクのセンターのオイルシール、ミッションのシールも交換しました。
現在55万qになりましたが特に問題も無く走っております。
また興味深い記事を楽しみにしております。
ありがとうございました。
Posted by 白坂 at 2015年01月19日 09:07
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: